カテーテル検査・治療の説明

心臓と冠状動脈のお話
心臓は血液を全身に送り出すポンプの働きをする大切な臓器です。1分間に約4~5リットルの血液を送り出しています。心臓の表面を冠のように覆って心臓自体に酸素と栄養を与えているとても大切な血管が冠動脈です。冠動脈は左右に2本あります。左冠動脈は心臓の前側を栄養する前下行枝、後ろ側を栄養する回旋枝に分かれます。右冠動脈は心臓の下側を栄養しています。つまり、冠動脈は3本あることになります。これらの冠動脈が、動脈硬化のため狭くなったり、閉塞したりすると、心臓の筋肉への燃料(主に酸素と栄養)が不足します。この状態は心臓に流れる血液が乏しい状態なので心臓の虚血状態と考えられます。その結果起こってくる病気のことを、「虚血性心疾患」と呼びます。
 
虚血性心疾患について
虚血性心疾患とは冠動脈が狭くなったり、閉塞してそこから先の心筋が酸素不足に陥る状態です。虚血性心疾患の中で代表的な病名としては「狭心症」と「心筋梗塞」があります。狭心症は冠動脈が動脈硬化のために狭くなり、その結果として十分な酸素と栄養が心臓に運ばれないために起こります。狭心症も重症になってくると心臓のポンプとして全身に血液を送り出す能力も低下し、心不全となったりします。心筋梗塞は冠動脈の動脈硬化が進行して血栓(血のかたまり)なども関わって冠動脈が突然詰まってしまう(閉塞)ことです。その結果、心臓への酸素と栄養の供給が途絶え、心臓の筋肉が腐ってしまう(壊死)状態となります。急性心筋梗塞のときには多くの場合、激しい胸の痛みを感じます。また、痛みだけでなく、心臓の動きが突然止まってしまうような不整脈が出現したり、ポンプの機能が低下し生命の危険があります。時には心臓が破裂してしまうことがあります。したがって、急性心筋梗塞を起こした場合には、速やかに適切な治療をすぐに受ける必要があります。虚血性心疾患の治療方法としては、カテーテル治療に冠動脈形成術(バルーン血管形成術・ステント留置術)、外科的の治療方法として冠動脈バイパス術、薬物療法などがあります。
 
心臓カテーテル検査および経皮的冠動脈形成術
体に大きな傷をつけることなく動脈硬化で狭くなった冠動脈を広げるために行う治療法です。動脈から挿入した細いプラスチックの管(カテーテル)を冠動脈の入り口まで挿入し、心臓内の圧を測定したり造影剤を注入してX線撮影し冠動脈の状態をリアルタイムに撮影します。造影剤によって冠動脈が映し出され、動脈硬化が進行して血管が狭くなって狭心症の原因となっている場所が見つかり、心筋梗塞で詰まってしまった場所と障害された場所がわかります。カテーテルは、局所麻酔をしてから大腿動脈・上腕動脈・橈骨動脈から挿入します。

・検査前・・・特別に制限はありません。糖尿病のお薬を飲まれている方はお薬の種類によっては造影剤が影響することがあり中止することがあります。
・検査中・・・検査台の上で仰向けに寝て、片方の腕には点滴や血圧を測るための機械を付けます。造影剤が注入されると体が温かく感じますが一時的なものですので心配ありません。検査中は医師やスタッフと会話をすることができます。
・ 検査後・・・穿刺部位は止血のために圧迫するためのバンドを巻いたり、テープで固定します。カテーテルの挿入部位や太さにより安静時間が異なります。
心臓カテーテル検査および経皮的冠動脈形成術の合併症
出血性合併症・・・カテーテルは動脈に入れて行きます。動脈は圧力が強いため出血が起こりやすい血管です。さらに検査や治療中にヘパリンという血栓を作りにくくする薬を使用します。カテーテルを入れた部位から出血し、後に輸血や手術が必要となることがあります。
造影剤による合併症・・・腎障害やアレルギー反応を引き起こすことがあります。造影剤で、吐き気や気分不快、蕁麻疹が出ることがあります。まれに血圧低下を起こす場合もあり、その場合には直ちにアレルギー作用を止める治療や血圧を上げる治療を行います。過去に造影剤によるアレルギー反応が出たことがある方は申し出てください。
塞栓症の発生・・・動脈硬化病巣は冠動脈だけでなく大動脈にもたくさんあります。カテーテル通過時に動脈硬化の塊がはがれて血流に乗って体の一部に詰まってしまうことがあります。また、カテーテルの一部に形成された血栓がはがれてつまってしまうことがあります。これらの状態を塞栓症といいます。これが頭の血管に詰まると、脳梗塞になります。脳梗塞を起こす可能性は0.05%くらいあるといわれています。このような状態が起きないように私たちはカテーテルの操作はいつも慎重にかつ迅速におこないます。
狭心症・心筋梗塞・・・冠動脈の狭窄が進行している場合、検査中に狭心症発作がおこることがあります。これは、造影剤が血液の流れを一時的に遅くするためや、カテーテル挿入により血液が一時的に遅くなるためと考えられています。
心タンポナーデ・・・カテーテルや治療に使用するワイヤーなどが心臓をつきやぶり血液が充満することにより心臓が外側から圧迫されて十分に血液を送り出せなくなる状態です。心タンポナーデが発生したらすぐに心嚢穿刺を行い貯まった血液を排除せねばなりません。また、場合によっては開胸手術が必要となることがあります。 経皮的冠動脈形成術に伴う合併症末梢血管閉塞・・・病変部に存在するコレステロール沈着物などが血管を拡張することで末梢に流れて心筋梗塞と同じ状態になることがあります。
冠動脈解離・破裂・・・解離はバルーン拡張により動脈硬化で硬くなった冠動脈の壁が割れて亀裂を作ることがあります。また、破裂は非常にまれですがバルーン拡張により冠動脈が破裂することがあります。どちらもほとんどの場合がステントを留置することにより修復が可能です。解離の範囲が広くステントで修復しきれない場合は稀に手術が必要となることがあります。
急性・亜急性ステント閉塞・・・ステント植え込み後血栓によりステント閉塞することが0.1~0.2%くらいあるといわれています。この場合、心筋梗塞となる可能性があります。これらを予防するために治療前より抗血小板薬を服用する必要があります。これらの合併症に伴う死亡率は0.1~0.2%程度といわれています。しかしながら、当然これらの死亡率は患者さんの状態、疾患の程度および病変の部位・形態によりことなります。